09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ふげんのきまぐれぶろぐ

ゲーム、漫画、小説、日記等について、きまぐれに書いています。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
trackback: -- |  comment: --
go page top

 

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

2009.03.21/Sat/18:47:18

フリーミッション、自由探索タイプのストイックな雰囲気のFPSです。
Shadow of Chernobylは1作目で、続編にClear Skyがあります。

評価:A
コメント:MODとか使えば評価Sかも

総合的には、かなり面白いゲームだと思う、ただ、かなり死にまくる。
ロード、セーブは簡単にどこでも出来るので詰まったりはしなかったが、人によっては俺みたいに、最低難易度にもかかわらず、同じ箇所で何回もやり直す羽目(数秒トライして即死亡とか)に陥るかもしれない。

まぁ、トライし続ければ、いつかは進めるのだが、最低難易度で死にまくるのはちょっときつすぎると感じた。

思うに、ゲームシステムに既に慣れた前提で作っているのではないかと思う。
ゲームの進め方に慣れた後であれば、そんなに極端には死なないで済んだかもしれないが、最初からそのバランスで作ってあるのはおかしいでしょう・・・

難易度もどういう風に差が出るのかはわからないが、ダメージの食らい方が違うとかその程度なのだろうなぁ。
確かに数発は被弾しても死なないが、何せ1vs複数なのですぐに蜂の巣にされる。

難易度が高い要因(死ぬ原因)

・プレイヤーが特に強くないのに無双をしいられる。

 1:1でも死ねる、かつ、ほとんどの戦闘が1:複数戦闘になる。
 接近戦だとAIM能力の差で普通に負けてしまうことも多く、遠距離だと序盤の武器では命中率が悪すぎて話にならないし、弾薬の消耗が多すぎる。

・敵の倒し方がわかりにくい

 結局は命中率の許す限り遠距離から、有利な位置にポジショニングをし、ヘッドショットを狙う必要があるようだ。

 なんだけど、武器特性なんかはある程度つかってみないとわからないと思うんだが。
 街?に弾薬を気にせずに射撃練習できる、射撃場でも作るべきだったと思うんだがなぁ。

 序盤にピストルでの接近戦闘を強いられたため(集団率が悪すぎて、狙撃が不可能)特攻するゲームなのかと思っていて、まず死にまくった。
 弾の入手は比較的容易とはいえ、無駄に撃ちまくれるほどの余裕が無いから当たる距離で戦わないといけない。

 ちゃんと狙撃が出来るようになるのは、スコープ付銃を入手出来るあたりからで、それ以後はかなり楽になり、スナイパーを使えば一方的に倒せるようにもなる。

・所持重量

 装備をもてる重量が結構ぎりぎり(最大で50-60Kg)になっている。
 アイテムの保存庫もどこにでもあるわけではなく、ファーストとラベルの機能もない。

 このため、コツとしては、最初に必要な装備と量を見極めて、最低限の重量で街を出るようにする。
 敵が持っている武器、弾薬を見極めて、武器を敵のものに交換する。
 そうすれば、自分の武器用の大量の弾丸を持ち歩く必要が無くなる。

 大体、ミッション1回あたりに、弾を500程度は使うと思うので、これだけで重量が15Kg位になってしまう。
 現地補給したほうがいいだろう、また、関係ない弾とかは拾わないほうがいい。

 私みたいに、何でもかんでも拾うと、すぐに重量いっぱいになってしまうだろう。

 回復アイテムも結構大量に出るのだが、これも数十個持つと結構な重さなので、回復薬は別としても、包帯や放射能除去剤はあまり持ちすぎないほうがいいと思う。

 50Kg(60Kgまで持てるが、あまり走れなくなる)で持てるのは、途中で拾ったアイテムを持ち帰るのを考えると、必須装備以外では、武器か防具どちらかの予備1,2個位までになる。

 ゲーム的にあれなのかもしれないが、ミッションの報告とかで結構遠くまで行き来しなければいけないことも多いのでファーストトラベルは欲しかった気がする。

 所持重量を3倍程度に拡張可能なMODもある。
 3倍あれば、難易度やアイテム取捨選択の手間が下がるだろう。

 まぁでも、ゲームに慣れた後なら、ノーマルの状態の方がよりリアルに感じていいかもしれない。

・回復アイテム

 回復アイテムは結構手に入るが、無制限に使えるほどではなく、1人倒すたびに何個も使っていたら、すぐなくなってしまう。

 それと死にたくないのなら、反射的に回復できるようなキー割り当てをしたほうがいいだろう。

 私の場合は、弾を撃ちながらもりもりHPが回復するのもなんかなぁとの思いと、さくさく使ってしまうと、消費がかさむので、そういう状況なら、死んでやり直そうって感じでやっていた。


そんなわけで、全ては死んで覚えろ的なゲームになっている気がする。
もうちょっとチュートリアルつけるとか、武器の説明をゲーム的にわかりやすくするとか、あればよかったかもしれない。

> まとめ

俺は、なかなかコツをつかむことが出来ず、かなり死にまくったが、ある程度なれてコツがつかめてくると、とても面白いゲームなんだろうと感じた。

同時にFear2やCOD4なんかも少しやってみたが、ゲームのしやすさでは劣ると感じたが、そのストイックなゲームの魅力では上回っていると感じた。
特に凝った演出なんかもないが、基本的な戦闘システムとバランスが良く出来ている。

難易度は、序盤に高く、武器性能が上がる後半に行くほど簡単になっていく。

そして、総じて難易度が高く、難易度EASYでもかなりむずいので、初回は難易度が下がるような、MODなんかを使ったほうが楽しめるかもしれない。

プレイヤーの所持重量をあげたり、最初からいい武器を使えるようにしたり、武器修理可能にするMODがあるようだ。

シナリオMODもいろいろあるので、気に入れば長く遊ぶことが出来るゲームだろう。

攻略サイトは少なめだが、ミッション攻略などは問題なく出来ると思われる。

俺はあまりに死にまくったため、とりあえずメインシナリオをクリアして終わりにしてしまったが、またしばらくたってから、再開ししみたいと思う。

続編のClear Skyもあるし、MODシナリオも複数あるので、ゲームバランスをMODで調整しながらやれば次回はもっと楽しめることだろう。

S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl_Wiki
http://f44.aaa.livedoor.jp/~mediaact/pukiwiki14/pukiwiki.php

【ストーカー: シャドウ オブ チェルノブイリ】 攻略
http://www.game-damashi.com/pc/stalker/gameguide.htm

解説付きプレイ動画

関連記事
カテゴリ: ゲーム(PC)
テーマ: PCゲー
ジャンル: ゲーム
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugen0.blog113.fc2.com/tb.php/15-ada2e202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。