09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ふげんのきまぐれぶろぐ

ゲーム、漫画、小説、日記等について、きまぐれに書いています。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
trackback: -- |  comment: --
go page top

 

S.W.I.N.E

2009.02.20/Fri/00:33:27

現代風?戦車によるファンタジー?RTSで、うさぎと豚の軍の戦いのようです。
2chのRTS板で名前があがっていたのでやってみましたが面白いです。
10年位前のゲームなので無料でプレゼント配布されています。

シングルモードの説明をすると、RTSでよくある、建物を建てて兵器を生産しながら戦うのではなく、ステージの合間に兵器を買い足して、それを各面で使っていくようになっています。
2001年発売のゲームなので、グラフィックはそこそこですが、自分のペースで戦闘が出来て、各ユニットの個性もあり、操作するユニット数もほどほどで、遊びやすいのが気に入っています。

任意のところでセーブ、ロードできるので、セーブ、ロード繰り返して
戦闘していけば、必死に操作しなくても・・問題なく進めていけます。

(とはいっても最初にNORMALの難易度でやりましたが途中で詰まったのでEASYでプレイ)

兵器は装甲車と戦車、作業車のバリエーションのみですが、各ユニットの特徴がよく出ていて、特性に合わせて使いこなすのが楽しいです。

各MAP間の兵器売買ですが、売値=買値の為に、使ってみて気に入らない兵器は売り払って、別の兵器にしたり、MAPにあわせて、編成を変えることも出来ます。
(売り買いしても金銭的に損しない。経験値は失われる)

途中詰まったときに、ゲームの攻略サイトを探しましたが、まったくないので、(日本語のものを探した範囲では)一応コツみたいのを書きますと。

・1回ざっくりMAPを流してしてやって、敵の出現パターンをみる。
・強化、編成変更は損をしないので、ゲーム中の補給費用分以外は全部割り振って構わない。
・補給はMAPにあわせてリペアユニット等を出して、足りないようなら援軍要請で追加購入する。
 (補給ユニットは消耗品でポイントが減ってしまうので、なるべく使用数は抑えたいところ)
・ゲームの進行速度を簡単に変えれるので、戦闘が大変なときは停止しながらやる
・兵器の特性とかわかっていないとNORMALでも途中からきつかったので最初はEASYでやる。

とかでしょうか・・・

とりあえずEASYなら、詰まることもなく結構楽にPLAYできました。
大体ゲームは把握できたので、NORMALでやっても今度はクリアまでいけそうな気がします。

ウサギ側しかクリアしていませんが、全12ステージでした。

ゲーム配布元
http://www.xasis-game.com/title/swine/download.shtml

>3/21追記

豚側のシナリオもクリアしたので追記

豚側のシナリオは全10面、難易度はウサギ側より上がっていた。

敵の視覚外から遠距離射撃をおこなうと、敵が突っ込んでくるようになっていた。
うさぎ側でやったときはわりとそのまま撃たれてくれていたと思う。

豚側特有の戦車の特殊能力が良くわからなかった。
また、兵器のサイズが全体的にウサギ側より大きいので若干操作しずらいかもしれない。

ついでに部隊編成について少し書いてみようと思う。

自分は大体以下のような感じでやっていた。

指揮車 1
軽戦車 3
普通戦車  4
ミサイル車両 4
遠距離砲撃車両 6
トラック 2

車両は自由に混編できるが、操作上種類を統一した方が楽なので、各タイプ毎に1種類のみ使っている。

基本は、指揮車で敵を発見して遠距離射撃で先制し、戦車で壁を作り、ミサイル車両で援護する感じ。

戦車とミサイル車両をもっと増量すると、普通に進軍しても蹂躙できるようになるのでそっちのがダメージは多くなるかもしれないが戦闘は早い。

軽車両は地雷発見と、敵をつり出すのと、敵の遠距離射撃車両と砲台を倒すために使っていたが、もろいので有利な条件以外ではあまり使えない感じ。

壁にする戦車は、普通戦車と重戦車がある。
重戦車系は装甲は厚いのだが、サイズが大きく、移動が遅い、射程が微妙。
普通戦車は装甲は若干薄いが地面にもぐる能力を使えば硬く、重戦車よりは使いやすかったのでこちらのみ使用した。

が、敵の重戦車は敵にするとかなり強いので、ちゃんと使えば強いのかもしれない。

ゲーム上回復アイテムにコストがかかり、後のシナリオに影響を受ける都合上、ダメージの少ない攻撃に終始したり、敵のパターンを見るためにセーブ&ロードすることが多かったが、回復アイテムにコストがかからなず時間制限があったほうがRTSなので楽しかったかもなぁと思わないでもない。

まぁ、時間制限がないおかげで、忙しく平行操作をしないでまったり時間をかけてプレイできるし、これはこれでいいのかもね。
関連記事
カテゴリ: ゲーム(PC)
テーマ: PCゲー
ジャンル: ゲーム
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugen0.blog113.fc2.com/tb.php/4-7421ffbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。