04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ふげんのきまぐれぶろぐ

ゲーム、漫画、小説、日記等について、きまぐれに書いています。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
trackback: -- |  comment: --
go page top

 

東一局五十二本場

2010.08.21/Sat/09:53:51

阿佐田哲也さん著 河出書房新社

麻雀放浪記書いた人ですね、最近麻雀にはまってるので読んでみました。
内容はというと、坊や哲が若い頃?にした、プロ3人との勝負の様子を書いたものです。

東一局目の親が坊や哲だったのですが、その親がいつになっても終わりません。
つまり、坊や哲が上がり続けるわけですが、その状況とは裏腹に、精神的に追い詰められていき、52本場になにかがおこるって感じです。

このタイトルが気になって他のブログとかであらすじを見ていたのですが、結末がどうなるか気になっていました。
今回、図書館にてこの本を借りることが出来て、ついに結末をみることに。

はぁ、予想を裏切るエンディングだったと書いておきましょうか。(笑)
まっ、ある意味予想通りなので、半々ですかね。

短いですが、面白かったのは確かです。

同時に「黄金の腕」も借りたのですが、評判がいいだけあってなかなか面白いですねー。
まぁ、ちょっと話が短すぎて読み足りない気もしますが、短編集だから当然かな。

関連記事
カテゴリ: 小説
テーマ: 文学・小説
ジャンル: 小説・文学
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugen0.blog113.fc2.com/tb.php/63-4850d946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。