05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ふげんのきまぐれぶろぐ

ゲーム、漫画、小説、日記等について、きまぐれに書いています。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
trackback: -- |  comment: --
go page top

 

ログホライズン

2011.12.07/Wed/15:26:39

まおゆうで有名になった橙乃ままれさんの小説です。

まおゆうの時は、キャラの会話中心の小説に見えたので、少ししか読まなかったのですが、ログホラは普通の小説に近そうな感じに見えたので読んでみました。

内容は、いきなりMMORPGの世界に閉じ込められてその世界を脱出する方法を探しつつ生きていくものなのですが、ロープレの日記みたいな感じでした。
1、2巻はベテランプレイヤーの主人公中心の話で、全プレイヤーの会議の場である円卓会議を発足させていく中で、自分のギルド「ログホライズン」を作るまで。
3,4巻は「ログホライズン」に入った初心者プレイヤーを中心にした話で、突如起こった大規模戦争を通して、ゲーム内NPCとの立ち位置を確認する様子やこの世界の秘密追求をすすめる様、初心者プレイヤーの成長が書かれています。

本格的なMMORPGやったことがある人なら、ゲームの世界や戦闘描写については、そのまんまなのでだいたい想像できると思う。

前に.HaCKっていうゲームとか、読み物になったものがありますが、あれも、ゲーム世界と現実がリンクする話なので、あれほどスリリングな感じはないが近いものがあると思う。

4巻まで読んでみた感じなだまだ序盤なのかなぁ?って感じでした。

内容は結構面白いとは思ったが、人のゲームのプレイ日記やプレイ動画が面白いと思うのと同じような感じか。

もっと全体の感想を書くべきなんだろうけど、読んでいて一番書きたくなった細かい点を書いておく。

俺としては一部気になったのは、主人公とその近くの人を特別な人にしたがる面が見えたあたり。
やっぱり、主役級には特殊能力付けたいんだろうけど、ゲームの世界観を出したり、世界の謎を追求するのにそういっった能力が必要とは思えなかったんでどうかなと。

戦闘に負けたら話が盛り上がらないだろうが、倍の数の自分と同程度の強さのプレイヤーを不意打ちとかなしに倒すのはまず無理だよなぁとか思わないでもなかった。

3,4巻の方でも、初心者プレイヤーグループが特殊能力の片鱗を見せつつ急成長する様子を書いていたので、うーんと思った。

どうせプレイ日記風なんだし、死んでも生き返るんだから、主人公でも負けちゃったりしてもいいんじゃないかなぁ。
関連記事
カテゴリ: 小説
テーマ: 文学・小説
ジャンル: 小説・文学
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://fugen0.blog113.fc2.com/tb.php/87-aa920b97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。